Moon学 29日間の月のサイクル

 

【Moon学】29日間の月のサイクル


Moon学では29日間の満ちては欠ける月のリズムを毎日の生活に取り入れて、心とカラダのバランスがとれた毎日にしていくことを目的としています。

心もカラダのバランスをとるには29日間の月のリズムを活用することが大切です。

このコーナーでは満月から新月までの29日間の月のサイクルについて説明しています。

満月からスタートするのは、手放し&浄化を基本にしているからです。手放すことによって本当の自分に出会い自分を愛することができていきます。

 

●10月の月のリズム●

10月6日3時41分 おひつじ座の満月

10月12日 下弦の月

10月20日4時13分 天秤座の新月

10月28日 上弦の月

 

●10月の星の導き&ラッキーアクションについてはこちらをご覧ください

 

満月

 

【満月】収穫と感謝

自ら光を発しない月が太陽の光を正面から受けて一番輝くのが満月。月のパワーが一番高まる満月は今までの結果がでるタイミング。

・ステップ1 種をまいた結果が出る&完了の時  現状を見直して感謝のワークを。

【満月の浄化】ブルーの手放しシートで心のガラクタ整理を!

ブルーの紙についてはこちら

 

【満月から下弦の月】手放す

月が欠けていく時期は手放しのチャンス。お部屋と心のガラクタ整理も進みやすい時期。

・ステップ2 心のガラクタ整理をすすめる。ブルーの手放しシートを活用してください。

・ステップ3 9つの呼吸法で心とカラダのバランスをとる

 

こちらもおすすめ→ 心のガラクタ整理 許し

 

【下弦の月】受容&準備

下弦の月から新月まではますます月が欠けていき見えなくなっていきます。ステップ3まで行って手放したあとに下弦の月のワークを行ってください

冷静に過ごせる時期なので受容や準備に最適です。

・ステップ4 ピンクの光の浄化ワーク

・ステップ5 受容する(自分を愛するワーク)

 

【新月】種まき&習慣化のスタート

新月の願い ピンクの紙夢実現術3つのお約束 

新月は新しいことを始めるスタートの時期。スタート&増やすことがテーマ。

・ステップ6 新月のワークをする。

<新月のおすすめワーク>

夢が叶うピンクの紙に新月の願いを書く ピンクの紙はこちら

・宇宙貯金を貯め始める

・新しいことを始める&新しいモノを使い始める

 

【上弦の月】習慣化の定着

満月までは「増やすこと」「習慣化」を意識する

・ステップ7 感謝のワーク 「ない」から「ある」へのマインドチェンジ

・ステップ8 自分の夢を視覚化する

アファメーションとコラージュで左脳&右脳のバランスをとる

言葉と視覚化で定着させる

 

メールマガジン配信中