ブルーの紙で心のガラクタ整理を!


お願いするだけでは叶わない!

満月から新月までの、お月さまが欠けていく時期は、 いらないもの・手放したい感情・思い出を手放す時期です。
お部屋のガラクタ・人間関係の手放しも,タイミングよく進む時期です。

2万5千人以上の方が叶った!
ピンクの紙夢実現の秘訣の共通点とは?

ブルーの紙で心のガラクタを手放していることだったのです!

 

お願いするだけでは叶わないのです。満月から新月までのお月さまが欠けていく時期は手放しをする時期です!

ブルーの紙で心のガラクタを手放し お部屋のガラクタ整理もしてみましょう!

空いたスペースに良縁や豊かさが入ってきます!

 

満月から新月までは手放すとき

満月から新月までの、お月さまがやせていく時期は、いらないものを手放す時期です。

お部屋のガラクタや、人間関係を手放すことも,スイスイとタイミングよく進む時期です。

ガラクタがなくなると家は高いエネルギーに包まれます
自分の毎日過ごす家は、一番大切な自分の聖なる空間です。

スペースクリアリングすることによって、新しいチャンスや
欲しいものがタイミング良く入ってきます。

受け取るスペースがなければ、本当に欲しいモノが入ることができません。

また、月は感情を表しますので新月までにいらない感情を整理するにも役立ちます。


「誰かを許せなくてからだが硬くこわばっていませんか?」

「誰かに依存していませんか?」

「誰かがあなたを幸せにしてくれると思いこんでいませんか?」

「過去にあった出来事を悔やんでいませんか?」

過去はもう戻ってこないし、未来はまだ来ません

そして、今回の人生は、あなたの1回だけの人生です。
必要だからすべての出来事は起きています。

自分以外の誰かに自分の人生を受け渡すことはもうやめませんか?

気持ちを書きだしてみませんか?

いらない気持ちを手放して、すっきりするように、
満月の浄化をブルーの手放しシートがお手伝いします。

あなたのお家も心もカラダもすっきりすると ピンクの紙に書く新月の願いが叶います☆

 

太陽と月の関係

満月
夜空に月が光り輝いて見えますが、月は自ら発光しない天体です。太陽の光を受けてこそ光り輝くのが月なのです。
満月は太陽と月が正面から向い合せになり、太陽の光によって月が輝いて見えます。
占星術では
太陽は男性性(陽)人生の目的 社会的な顔 力強さ リーダーシップを象徴します
月は女性性(陰)見えない力(潜在意識) プライベート 受容を象徴します。 
 
女性が輝くには、男性のパワーが欠かせません。両方必要です。
仕事の充実と心の満足☆男性性と女性性のバランスが豊かさなのです。
満月から新月までの月が欠けていく時期は、手放す時期です。
あなたがもっと自分を好きになるために、そして再び輝くためにブルーの紙を使った心のガラクタを手放すワークが役立ちます。
紙とペンだけで、簡単にできますのでお試しください。いらない心のガラクタ、人間関係や自分の気持ち、思い出を手放すことによって心にスペースが空きます。
その空いたスペースに新しいご縁や豊かさが入ってくるのです。
スペースを空けることで新月の願いが叶います!夢が叶っている人は、ブルーの紙の手放しを沢山している人です。
新月になってから慌てて準備をするよりも、普段から満月から新月までの期間を活用して手放しをしておきましょう!心のガラクタ整理に、ブルーの手放しシートを使って輝く人生を手に入れてください! 

ブルーの紙の誕生Story

満月のブルーの紙が誕生したきっかけについて書きます。
夢が叶うピンクの紙&ブルーの手放しシート

当初は「夢が叶うピンクの紙」だけだったのです。
その後2008年12月に ピンクの紙のイラストを書いてくれた柴崎るり子さんと会った時に
「まりかさん。ピンクの紙に書いてもなかなか叶わないけど、どうしたらいいかな?」と話してくれたのがきっかけです。二人で色々と話した結果、なんとなく書くことがマンネリしてきていつも同じことを書いてしまう。でも書いた願いが本心なのか?どうか?今いちよくわからない。。。
ということでした。
やっぱり、本当の願いをピンクの紙に書くためには、気持ちがすっきりしていないと、本当の願いがわからないよね!

という結論になりました。新月にはピンクの紙があるし、次は満月の紙を作ろう!

そんな話から 気持ちが冷静になるためのブルーの手放しシートが生まれました。
冷静になるのは、やっぱりブルーの紙だよね!ということでブルーの紙に。
ピンクの紙で幸せな結婚
その後柴崎るり子さんは、ブルーの紙に書いてさっぱりして心からの願いをピンクの紙に書いたところ自然消滅していた彼と奇跡的な急接近をしてなんと!電撃結婚!
ちょうどそのときには群馬県に住んでいる彼とは、東京と群馬とでの遠距離恋愛で疎遠になっていたそうです。ブルーの紙で手放しをしたら、仕事をするのは東京じゃなくてはいけない!という自分の思い込みに気づいてすんなりと手放せたそう。
その後は不思議なシンクロが続き彼と会う機会があってトントン拍子に結婚へと進みました!
<柴崎るり子さんが書いた一例>
悪い想像ばかりする怖がりな私・人と比べるたびに落ち込むネガティブな自分・思い込みが激しい心

このエピソードについては、私の1冊目の本「ピンクの紙夢実現術」42ページに体験談が掲載されてますのでご覧ください! 

・なぜ満月がいいのか?
満月から新月までのお月さまが欠けていく時期は、いらないものを手放すには最適な時期です。いらないガラクタ・過去の思い出・解消したい人間関係を手放しやすい時期です。行動する前に、まずは紙に具体的に書くと自分の気持ちがはっきりします

特に見えないもの~過去の思い出や自分の感情などは書きだすと気付きが沢山ありますから
効果的です

 

・なぜ手放すのが必要なのか?

引き出しをイメージしてください。
引き出しの中にパンパンに物が入っていたら?新しい物が入るスペースがありませんよね。

これを心のスペースだと思ってください。
心のスペースに不安・怒り・ねたみ・後悔等、ネガティブな思いがたまっていると
いつも気持ちが不安定になり、本当の自分の気持ちがわからない状態になります。

他人に影響されることが多く、コントロールされることもあるでしょう。

また、新しいことをしたくても、新しい物が入るスペースがないので行動しにくくなってしまいます。

 

お部屋と心のガラクタ整理で人生が変わった!

心のガラクタ整理そしてお部屋のガラクタ整理をすると人生が変わる!これは私の大好きなカレン・キングストン著の「ガラクタ捨てれば自分が見える」の本からヒントを得ました。

私はこの本と出合って運命が変わりました!

 

ガラクタ捨てると自分が見える

 

私は、家にたまっていた段ボールを捨てて人生のドン底から好転した経験があります。でもどうして人生ドン底になってしまったかというと、お恥ずかしい話ですが天狗になってしまったのでした。

1999年にピンクの紙で電撃結婚をしてその後はプライベートも仕事もすこぶる順調でした。

特に仕事ではツキまくってました!自分のこれやろう!という行動がすべて大当たりでした。

当時はやり出した台湾式リフレが注目されてスクールを開設したり、2000年生まれの娘にベビーマッサージをしてみて良かったので地元でベビーマッサージ教室をはじめたらこれも大好評で大勢の方に来てもらいました。

さいたま市の要請でお教室の講師も務めることになり、0歳児向け教室の初の講師として公民館などで講座をしていました。

何をしても当たるし、私は凄い(^^;) みたいな。

変なおごりが出てしまい家族とはぎくしゃくし始めていました。特にこの頃は自然育児にはまっていたので玄米菜食で娘を育てていて夫にも玄米菜食を強要していました。夫がコンビニ弁当など買ってくるものならご飯のたびにガミガミと叱ってました。

 

その頃から私がいない時に夫と娘は肉を2人で食べていて私は疎外感を味わっていました。

娘からは、「自分の好きなものを食べたい!」と反抗されて悩みました。

今では自分がそのときに食べたいものをおいしく笑顔で食べる食事が一番!と思っています。

女性 お金

そんな家族間でもすれ違いがはじまっていたころのこと。

全く畑違いの仕事に手を出して大失敗をしてしまいました。借金だけが残りました。

何をやっても上手くいく。自分が失敗するなんてありえない!

そんなおごりと家族の反対を押し切ってのひとりよがりで進めた仕事の結果でした。

そして家賃の高いマンションから安いアパートに引っ越をしました。その後もずっと人のせいにばかりしていました。

「なぜ私がこんな目に会わなきゃいけないの?」

「○○さんがいけないいんだ!」「家族が協力してくれなかったから。。。」

と人のことばかり責めていました。ウツに近い状態で誰にも会いたくないし外にも出たくありませんでした。

お引越ししたままの段ボールの部屋でウツウツとした毎日を過ごしていました。でもそんな部屋にいると気分が悪くなるのです。部屋を見渡すと段ボールだらけなので気分はますます暗くなっていきました。

そんな時にふと本屋さんで目に留まったのがカレンキングストンの本でした。本を読みだして少しずつ部屋の段ボールを捨てるようにしていきました。

すると、なかなか売却が進まなかったマンションが売れたのでした。(独身時代に持っていたマンションを売りに出していたのですが話が進んでいなかったのでした)

でもいざ売ろうと思ったら、また一大事!マンションの不動産登記簿が見当たらないのでした。これが無いと売れません。

焦って3日3晩も探しました。部屋の片隅のぐちゃぐちゃにつぶれた段ボールの下にありました!

見つかった時のうれしかったこと!夫と抱き合って喜びました!

 

でもこのときの経験で痛感したのでした。

探し物に3日間も費やしたなんて本当にもったいない!3日間あれば何でもできる。

「よし!本格的に部屋を片付けよう!」と。

その後は段ボールを捨ててすっきりとしたお部屋になりました。すると友人から仕事のお誘いがあったり生徒さんから連絡があって再び足裏マッサージを教えることになったりしました。

この経験は2005年12月のことです。翌年の8月には新規一転して新しいサロンを三鷹でオープンすることができました。

 

あの時この本に出会っていなかったら、きっと今の私はなかったと思います。

ガラクタを捨ててお部屋や心に新しいスペースを作ると人生は変わります!
箱根 足湯
その後、2008年にカレンさんが初来日して箱根でセミナーが開催されました。
私はすでに本を読んで実践していましたが、お礼が言いたくて箱根で開催されたセミナーに参加しました。
会場には50人くらいの参加者でした。みなさん本を読んでも片づけできなくて。。。
という方が9割いやほとんどだったでしょうか。
本を読んでできた!と話すとみんなから質問攻めにあいました(笑)

満月ブルーの紙の書き方

さあ、実際にやってみましょう!

 1、ブルーの手放しシートに書く


心のモヤモヤ、過去の思い出など手放したいこと!
許せない人のことや、嫌いな人の悪口を書いてもOK!「嫌いな人について」具体的にどんなところが嫌いなのか?書いてみることをおすすめします!
具体的に書いてみるとすっきりしますし自分の気持ちも整理できます。「あの時言われたあの●●という言葉が許せない!」
など思い切り書いてください!

2、沢山書きなぐってください!


 
書ききれなかったら紙の裏側に書いてもOK!一番下の日付けは 破る日を書いてください!
破るタイミングですが、書いたらすぐに破って捨てた方がスッキリするのでおすすめです!

 3、イメージする! 


さらに効果的なのがイメージすることです!
書くことは左脳的なことですから、イメージする!という右脳的なことを加えるとバランスが良く効果が高まります!

 

<満月の浄化>イメージの仕方

深呼吸をして呼吸を整えましょう。ブルーの紙に描かれている二人の天使を見つめてください

あなたを守っている守護天使だと思ってください。

イラストでは天使が箱を持っています。箱の中にブルーの紙に書いた不要なもの全てを入れてください。そして天使が箱を地球以外の遠いところへ持って行ってくれる!
そんなイメージングをしてください! イメージを高めるためにも ブルーの紙には2人の天使が描かれています!

4、ビリビリと紙を破ります!


 

ビリビリとブルーの紙を破りましょう!
今までに感謝しつつ アファメーションを言うことをおすすめします!


「今までありがとう!
さようなら!」

 

 

5、ごみ箱にポイ!します! 


 

わ~い!(^^)! すっきり!
さあ、すっきりしたら、自分と静かに向き合ってみてください

嫌いな人はどうして嫌いなのでしょうか?  どこが嫌ですか?
許せない人はどこが許せませんか?

嫌いな人とは、もしかしたら自分の嫌いな部分かもしれません。
許せない人は、自分がやりたかったことをしている人に対しての妬みかもしれません。
人間関係は自分を映し出す鏡です。

 

すっきりとしたあとは、本当の夢や自分の気持ちに気づくことでしょう

ブルーの手放しシートに書いてすっきりしてから
新月に、夢が叶うピンクの紙®に書いてみてください!

 

さあ、人生の主役はあなたです!
一度きりの人生です! 自分らしい幸せな人生を楽しみましょう♪

大丈夫!あなたは新しい自分に生まれ変わることができます!

 

 【無料ダウンロード】ブルーの手放しシート公開中!


ブルーの紙手放しシート

 

 以下から無料ダウンロードできます!
 *ダウンロードできるのはお試し用のブルーの紙です。

満月にはブルーの紙で「心のガラクタ整理」をする習慣をつけてください。

 

続けることで 「新月の願い」 がさらに叶います!

新月には、夢が叶うピンクの紙(R)に新月の願いを書きましょう!

 

メールマガジン配信中